不動産登記 〜 所有権移転(名義変更)

不動産の名義変更をせずに放置しておくと思わぬ不利益を被るかもしれません。

不動産を取得した場合は、お早めに名義変更することをおすすめします。

 

では、不動産の名義変更をする必要があるのはどんな時なのか?

一般的には、売買、贈与、代物弁済、離婚による財産分与などが考えられます。

また、名義変更だけが目的ではありません。契約書の作成・お金の流れ・税金に関することなども明確にしておくことが大切です。名義変更やこれに付随することでお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る