売買

【手続の流れ】

 

不動産の売買をする場合には、一般的に次のような手順で取引をします。

 

 @売買契約の締結

 A名義変更に必要な書類の収集

 B売買代金の支払 ・ 名義変更書類の受渡 ・ 固都税等諸経費精算

 

@の契約締結と、Bの売買代金の支払等が同日に行われる場合もあれば、@の契約締結だけ先に済ませてBの売買代金の支払等が後日になる場合もあります。

 

司法書士は、このような手続の中で、売主様・買主様に面談し、契約内容・各書類・金銭授受などを確認したうえで名義変更の手続をします。代金支払と名義変更を同時にできる様にサポートする訳です。同時ということで売主様・買主様にご安心していただける取引となります。

 

【売主様の必要書類】

―個人の場合―

・権利証又は登記識別情報通知書

・固定資産評価証明書

・印鑑証明書(発行より3か月以内)

・実印

・身分証明書(運転免許証・パースポート・住基カードなど)

―会社の場合―

・権利証又は登記識別情報通知書

・固定資産評価証明書

・会社の履歴事項証明書又は、代表者事項証明書(発行より3か月以内)

・会社の印鑑証明書(発行より3か月以内)

・会社実印

・代表者等の身分証明書(運転免許証・パースポート・住基カードなど)

 

【買主様の必要書類】

―個人の場合―

・住民票

・認印

・身分証明書(運転免許証・パースポート・住基カードなど)

―会社の場合―

・会社の履歴事項証明書又は、代表者事項証明書(発行より3か月以内)

・会社認印

・代表者等の身分証明書(運転免許証・パースポート・住基カードなど)

 

※買主様が金融機関の融資を利用する場合には、金融機関に提出する書類が別途必要となります。

 

 さとう司法書士事務所では、売買契約書の作成から売買代金授受・名義変更完了まで、売主様・買主様にご安心して取引していただけるようお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談下さい。

 

 

▲このページのトップに戻る